田中義一内閣の人民運動弾圧-三・一五事件・治安維持法の改正-

前回の普通選挙の実施で、

無産政党が議席を8つも伸ばしたとお伝えしました。

今回はそれに脅威を感じた田中義一により、それらが弾圧させられるという事件です。

三・一五事件の背景と内容

普通選挙実施にともない、無産政党が議席を獲得しました。

しかし、共産党系の活動が政府を驚かせ目立ったために、
警戒した田中義一により1928年3月15日、治安維持法を適用して共産党員とその支持者である約1600名の大量検挙が行われました。

さらに緊急勅令をだして、最高刑を死刑としました。

三・一五事件で解散させられた3つの組織

三・一五事件をきっかけに解散させられた組織が3つあります。

  • 日本労農党
  • 日本労働組合総評議会
  • 全日本無産青年同盟

の3つが1928年4月解散を命じられました。

特別高等警察の全国に設置

この三・一五事件をきっかけに特高警察が全国に設置されました。
憲兵には思想係も置かれました。

ちなみに、特高警察がはじめて設置されたのは、天皇に直訴したので有名な大逆事件がきっかけです。

四・一六事件

三・一五事件の翌年の1929年、また共産党員が検挙されました。
ちなみに山本宣治は1929年の3月に右翼に殺されています。

三・一五事件と四・一六事件の結果

日本共産党は厳しい弾圧により大きな打撃を受け、

さらには内ゲバ(内部抗争/よくある左翼の暴力的分裂)が起こり、
労働者・農民を十分に組織することはできませんでした。

左派の衰退により中間派が台頭するようになりました。

おすすめの記事