重要産業統制法-カルテルを保護・軽工業から重化学工業へ-

スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

重要産業統制法

1931年、重要産業統制法を制定します。

これは、カルテルの活動を保護した企業連合のことです。

独占資本主義
...

生産価格の制限や、満州事変以後の軍需増大と政府の保護政策に支えられて重化学工業が軽工業生産を上回るようになり、日本の産業構造は大きな変化を遂げました。

1937年には、工業生産額のうち、金属・機械・化学工業が54.6%と過半数を占めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました