軍国主義の時代

ソ連の国力増強とコミンテルンと日独防共協定

スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

今、国会でも出ているワード
コミンテルン。

統一教会問題でも勝共連合など、
どうして共産党を嫌うのか?
みたいな原点をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ソ連の増強

第1次五カ年計画

  • 重工業化の推進
  • 農業集団化の推進
    社会主義国家の充実(コミンテルン)

ソ連の国際地位の向上

ソ連はまだ反乱軍の地位でしたが、

  • アメリカのソ連承認(1933年)
  • ソ連の国際連盟加入(1934年)

ソ連は社会主義国家として、
国力向上し、国際影響力も上昇した。

スターリンの共産党一党独裁体制

レーニンの死後、トロツキーとの権力闘争で勝利したスターリンは、
共産党による一党独裁体制を強め、
国際共産主義運動(コミンテルン)を活発に進めました。

同時に国内において、
スターリンは反対派を次々と徹底的に粛清。

スターリンは独裁者として確固たる地位を築いた。

日独防共協定

日本はソ連のコミンテルンの動きに驚異を感じ、
日独防共協定をドイツとの間で締結。

日本は国際連盟を脱退していて、
国際的に孤立していましたが、
ドイツもナチズムの台頭で国際的に孤立していた。

防共とは?

防共とは共産主義が広がることを防ぐことをいいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました