スポンサーリンク
軍国主義の時代

南部仏印進駐(1941年)と第3次近衛文麿内閣

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

第3次近衛文麿内閣が帰ってきました。
正直、21世紀の本の首相である岸田文雄と近衛文麿にはいくつか共通が多いと感じています。

近衛文麿もまた、世襲議員であり、
貴族階級出身の議員でありです。

スポンサーリンク

仏印進駐

第3次近衛文麿閣の時に、南部仏印進駐を決定したのであります。

南部仏印とは、フランスインドナの南部のことであります。

インドシナとは、そのの通り、
インドと中国の間という意味で、
インドシナ半島の現在の

の3個に相当します。

南部仏印進駐の目的

南部仏印進駐の目的は、
天然資源の確保であります。

どのような天然資源かといえば、

といった事用の物資を産出するのであります。

近衛文麿は大本営政連絡会議の言いなりになり、
南部仏印進駐の方針を決定したのであります。

スポンサーリンク

北部仏印進駐は?

北部仏印進駐を決めたのも近衛文麿です。
しかし、北部仏印進駐は第2次近衛内閣です。
南部仏印進駐は第3次近衛文麿内閣で決定されました。

Related Posts

No tags for this post.

コメント

タイトルとURLをコピーしました