軍国主義の時代

南京事件(南京大虐殺)

スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

日中戦争で増派を決定した第一次近衛文麿内閣は、
1937年12月、
中華民国の首都・南京を占領したのであります。

日本軍は、敗残兵の掃討を行ったのでありますが、
この際に多数の中国人非戦闘員や捕虜を殺害したため、
国際的に激しい避難を浴びて、
却って中国人の抗日意識を奮い起こさせたのであります。

殺害した人数については、
数千人から約30万人(中国政府の公式見解)まであって、
その概数も明らかではなく、事件の全体像は定まっていない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました