中国南北朝時代の南朝(六朝)について

スポンサーリンク
魏晋南北朝
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

東晋

東晋成立後、華北から戦乱を避けるために、
漢人の貴族や豪族、農民が移住した
発展が遅れていた長江の中下流域は、
急速に発展した。

宋の建国と南朝の成立

東晋はおよそ100年続いたが、
末期は政治が乱れ、
華北への反攻で戦果をあげた
武人出身劉裕(りゅうゆう)が、
南朝最初の王朝であるを建てた。

短命の国たち

に続いて、斉、梁、陳の順に
短命な王朝が次々と興亡した。
南朝とは宋以降の4王朝を指し、
都は建康においた。

六朝時代

また、六朝(りくちょう)
南朝に呉と東晋を加えたものを言う。
呉だけが、都は建業と呼ばれた。
南朝は皇帝であった者は、
大抵が身分の低い武人出身者だったため、
貴族たちは、このような皇帝に官僚として仕え、
貴族社会を確立させた。
南朝文化(貴族文化)最盛期で、建国者の武帝仏教を保護しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました