ビザンツ帝国興亡史

ビザンツ帝国のヘラクレイオス帝の治世~テマ制と屯田兵~

スポンサーリンク
ビザンツ帝国興亡史
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

前回

ユスティニアヌス帝の死とビザンツ帝国の縮小と危機
...

ユスティニアヌス帝の死後、
ビザンツ帝国は

東部ではペルシア、
西部ではランゴバルド人、
北部ではアヴァール人によって、攻められます。

そうして、ビザンツ帝国は領土を縮小します。

ヘラクレイオス1世の治世

ヘラクレイオスとは?

ヘラクレイオスは、カルタゴ提督出身。

内政

軍管区制(テマ制)の導入

領土を軍管区に分け、そこに司令官(ストラテゴス)を任命し、
その軍管区の地方で、自治を行わさせる制度。

唐の節度使と似ています。

安史の乱~玄宗と楊貴妃一族による政治の末路~
...

農地の開墾を指示したり、
外国人の傭兵の解雇権も認められたり、
していました。

屯田兵制

ヘラクレイオス1世は土地の大規模所有を抑制するとともに、
屯田兵制で軍事力の増強や国土の保全を果たそうとしました。

屯田兵制は、コロヌスで没落した農民に対して、
コロヌスを解除した上で、土地やスラヴ人を与えて、
平時は農業をさせるが、
有事の際は、兵役を課す制度。

専制ローマ帝国
...

司令官と農民の関係は、
日本の鎌倉時代の御恩と奉公に少し似ている。

鎌倉時代の将軍と御家人の関係~御恩と奉公の封建制度~
...

ギリシア語が公用語へ

ヘラクレイオス1世の治世の頃から
ラテン語からギリシア語が公用語として
認められるようになってきます。

外政

ペルシアとの戦争

622年頃から628年頃にかけて、
ビザンツ帝国がペルシア帝国によって、
失われた領土を奪回するために戦争をしていました。

ササン朝ペルシア
...

その結果、ビザンツ帝国は、

  • アルメニア
  • シリア
  • パレスチナ
  • エジプト
  • メソポタミア

をササン朝ペルシア帝国から返還してもらいます。

アヴァール人撃退

626年、アヴァール人はコンスタンティノープルを包囲しようとしますが、
目論見がバレて、アヴァール人の勢いは弱り、
そのまま、アヴァール人は衰退します。

アラブ人のビザンツ帝国侵略

ササン朝ペルシア帝国と戦争をしている頃、
アラビア半島で、ムハンマドによって、
622年にイスラム教が創始されます。

イスラーム教の成立
...

ムハンマドの死後、
イスラーム勢力は聖戦(ジハード)を開始し、急速に拡大します。

イスラーム帝国によって、651年、宿敵ササン朝ペルシアは滅亡します。

 

イスラーム帝国(正統カリフ時代)のウマルによって、
エジプトやシリアなどを失います。

イスラーム世界の成立
...

支配していた住民たちも長年の戦争で、
ビザンツ帝国から民心が離反していた結果ともいえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました