スポンサーリンク
平安時代中期

王朝国家の時代と藤原氏と一の家(氏の長者)-律令国家の崩壊前夜-

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

奈良時代から、
調・雑徭といった税がありました。

https://歴史総合.com/%e5%be%8b%e4%bb%a4%e5%9b%bd%e5%ae%b6%e3%81%ae%e7%a8%8e%e5%88%b6/

10世紀以降、あらたな徴税体制が生まれました。
これを王朝といいます。

スポンサーリンク

藤原氏と氏の長

白についたリーダーを
氏の長者という言い方をします。

資料では摂関家のことを、

  • 一の家
  • 一の所

という言い方をします。

これは朝廷の式のときに、
一番目の席についたからです。

藤原氏と氏寺・氏神・大学別曹

藤原氏の氏の長者は、

  • 藤原氏の氏寺……興福寺
  • 藤原氏の氏神……春日大社
  • 藤原氏の大学別曹……勧学院

の管理もしました。

殿下渡領

氏の長者が代々々孫々伝えていく土地を
殿下渡領でんかのわたりりょうといいます。

スポンサーリンク

摂関政治の時代でも、
すべての権力は藤原氏に掌握されたではありません。

政治はあくまでも
太政官の公卿たちが話し合ってめました。

この話し合いを
陣定じんのさだめといいます。

スポンサーリンク

政所

平安時代政治家の政治事務所として
政所まんどころというものがありました。

これは私的な事務所のようなものです。

この政所の職員を家司けいしといいます。

政所の文書を政所下文まんどころくだしぶみごきょうじょといいます。

Related Posts

No tags for this post.

コメント

タイトルとURLをコピーしました