スポンサーリンク
大正時代

清浦奎吾内閣

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

族の力と僚の方々のお力添えを得て立したのは、
清浦奎吾内閣です。

スポンサーリンク

清浦奎吾内閣

清浦奎吾内閣が生まれると、
2度目の憲政擁護運動が起こりました。

主義体制への反動で、
清浦奎吾内閣の退陣を要求する運動です。

これを第二次護憲運動といいます。

退陣の中となったのは、
立憲政友高橋是清。革新倶楽部の犬養毅。立憲政党の加藤高明。」で、
護憲われました。

護憲三派の三人はこれからも出てくるので、
覚えておいてください。

そうして、清浦奎吾内閣に対して、
「貴族院改革」
「行財政改革」
「普断行

という3つのスローガンを掲げて、
打倒清浦と倒閣運動を起こした。

ところが、
政友会から分かれた1派が清浦内閣を持しました。
この1派が政友本党で、リーダーは床次竹二郎です。

そうして、
1924年の総選挙の結果、
血統主義や官僚主義の清浦奎吾内閣から、
護憲三派が勝利

清浦奎吾内閣は総辞職しました。

加藤高明の憲政会を中心とする護憲三派連立内閣が生まれました。

Related Posts

No tags for this post.

コメント

タイトルとURLをコピーしました