スポンサーリンク
軍国主義の時代

広義国防国家の建設と準戦時体制-広田弘毅内閣

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

広田弘毅内閣(1936年3月から1937年2月)
二・二六事件による岡田啓介内閣の退陣を受け、
軍部からの組閣命令を受け、
成立します。

スポンサーリンク

狭義国防と広義国防

狭義国防とは?

軍備増強のみで防衛が強化できるという立場のことです。

広義国防とは?

軍事だけではなく、経済安全保障を含めた国防のこと。
経済的生産力を強化し、国民生活を安定させて国力を充実させることを指します。

政治家や経営者だけではなく、
労働者や農民をき込んだ総動員を構築することを目指しました。

スポンサーリンク

広義国防国家の建設

広田弘毅内閣は、軍部の指令のもと

  • 広義国防国家の建設
  • 庶政

をスローガンに掲げました。

将来の戦は、

が並行的に展開して一体的に取り組んでいくとしました。

これが広義の戦争とされ、
準戦時体制へと広田弘毅内閣から移っていきました。

Related Posts

No tags for this post.

コメント

タイトルとURLをコピーしました