明治時代初期未分類

国会期成同盟の結成

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

以前、お伝えした明治初期の征韓論で敗れた
士族たちは武力ではなく言論で国を変えようとしはじめました。

https://xn--mprwb863iczq.com/自由民権運動/

今回はその続きです。

スポンサーリンク

自由民権運動の進展

1877年、立志社から政府に対して建白書が出されました。
この建白書を立志社建白と言います。当時の立志社の代表者は畑岡健吉です。

建白書とは・・・

「告白」はなぜ「白」が使われるのか 日本人が知らない漢字の意外な意味
 普段、深く考えることなく使っている「漢字」だが、よくよく見てみると不思議に思うことも多い。 たとえば「告白」や「独白」で使われる「白」の文字。何か大事...

「白」の意味

白には英語のホワイトの意味のほかに、
告白や自白、白状や独白などの例から
「告げる」や「申す」の意味があります。

つまり、建白書とは「建てるを申す書」ということ。
抗議したいことがあったということです。

つまり、今で言うところの「上申書」のことですね。
白旗も相手に何かを告げたいから上げたのかもしれませんね。

自由民権運動の3つの目標

自由民権運動に目標が、この立志社建白によって定まります。

  • 国会開設
  • 地租軽減
  • 条約改正

の3つに絞った運動として展開して始めました。

国会期成同盟

愛国社は1880年、第4回大会で名前を国会期成同盟を開設します。国会作れやゴルァってことです。つまり、自由民権運動はむしろ国会開設請願運動として進んでいきます。

それに対して、政府はまだまだ抑えにかかりました。時間稼ぎがしたかったのです。国会期成同盟に対し、政府は1880年、集会条例を制定し弾圧します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました