ビザンツ帝国の概観~ビザンツまとめ・ビザンツ帝国の場所は?

スポンサーリンク
ビザンツ帝国興亡史
©Wikimedia Commons
この記事は約4分で読めます。

ビザンツ帝国(東ローマ帝国/ビザンチン帝国/ビザンティン帝国/Byzanz)の始まりは、

330年のコンスタンティヌス帝による
ビザンティウム遷都(コンスタンティノープルに改称)という説と

専制ローマ帝国
...

あるいは、
395年のテオドシウス帝崩御
による帝国二分割でできてしまったという説の
2つがあります。

専制ローマ帝国
...

いずれにせよゲルマン民族の影響をあまり受けずに、
紆余曲折を経ながらも、約1000年以上余って、
存続しました。

 

ビザンツ帝国とビザンティウム
ビザンツ帝国の名前の由来は、
コンスタンティノープルのギリシア語の由来である
「ビザンティウム」からきている。

ビザンツ帝国は、
西方のカトリックと対抗しつつ、
東方のイスラームに対抗しつつ、
ギリシア・ヘレニズム文化に
スラブ文化を加えた
ビザンツ・東ヨーロッパ世界を形成することに
多きく寄与しました。

スポンサーリンク

ビザンツ帝国の場所と地図

©Wikimedia Commons

小アジア(アナトリア半島)からバルカン半島が主な歴代の領土でした。
アジアからヨーロッパにかけてまたがる国でした。

最後はコンスタンティノープルだけの都市国家にまで衰退します。

ビザンツ帝国の区分

ビザンツ帝国は主に、

  • ビザンツ帝国初期
  • ビザンツ帝国中期
  • ビザンツ帝国後期

の3期に分けられます。

以下は今後の記事制作予定です。

ビザンツ帝国初期

 

  • ビザンツ帝国の最隆~ユスティニアヌス帝の治世~
    キーワード ニカの乱、ヴァンダル王国滅亡、東ゴート王国の征服、ササン朝オットー1世、ハギア・ソフィア大聖堂、トリボニアヌス、ローマ法大全、皇帝教皇主義、テオドラ妃、絹織物業、名前の由来、ローマ帝国の復活、財政赤字
  • ユスティニアヌス帝の死とビザンツ帝国の縮小と危機
    キーワード 財政赤字、帝国の弱体化、課税負担強化、ブルガリア王国、イタリア剥奪、アヴァール人の南下、
  • ビザンツ帝国のヘラクレイオス帝の治世~テマ制と屯田兵~
    キーワード ササン朝、アヴァール人、テマ制と屯田兵、軍管区制、イスラームによる失地、
    コロヌス、スラブ、大土地所有の抑制、
  • 新しいビザンツ帝国の形成
    キーワードコンスタンティノープル攻囲、ラテン語からギリシア語へ、
    「ギリシアの火」、新しいビザンツ社会

 

ビザンツ帝国中期

 

  • ビザンツ帝国のイサウリア朝の時代
    キーワード 開祖レオン5世、コンスタンティノス5世、聖像崇拝の禁止
    イコノクラスム、混乱、ローマ教皇、女帝イレーネ、聖像崇拝の復活、ローマと修復、
    スラブ人、ブルガリア、セルビア
  • ビザンツ帝国におけるマケドニア朝の時代
    キーワード バレイオス1世、南イタリア、クレタ奪回、バレイオス2世、ブルガリア帝国滅亡
  • ビザンツ帝国の内紛と混乱
    キーワード 貴族の内紛、大土地所有制、セルジューク朝、ローマ教皇と断絶、ノルマン人、南イタリア

 

ビザンツ帝国後期

 

  • ビザンツ帝国におけるコムネノス朝の治世
    キーワード アレクシオス1世、プロノイア制、ヴェネツィアと提携、ノルマン人、
    セルジューク朝、ローマ教皇、十字軍、
  • コンスタンティノープル占領とラテン帝国
    キーワード 貴族の自立、ヴェネツィア、地中海貿易、第4回十字軍、ラテン帝国
  • ビザンツ帝国の再興
    キーワード 独立政権、ニケーア帝国、ミカエル8世、ジェノヴァ
  • ビザンツ帝国のオスマン帝国による滅亡~最後の皇帝は?~
    キーワード コンスタンティヌス11世、オスマン帝国、メフメト2世、ニコポリスの戦い、
    コンスタンティノープル陥落、イスタンブールに改称。ビザンツの滅亡

ビザンツ文化

工事中

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました