スポンサーリンク
鎌倉時代

霜月騒動-御内人・平頼綱vs外様・安達泰盛-

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

御内人と内管領vs外様

得宗権が強化されると、
一般御人は外様とざまと呼ばれるようになっていった。

外様は、
北条氏一門である御内・御内人みうち・みうちびとと呼ばれる人たちと対立していくようになった。
ちなみに御内人の代表格を御家人首座や管領うちかんれいといいます。

スポンサーリンク

霜月騒動

弘安の役から4年
鎌倉幕府が守護頭を設置して、ちょうど100周年目に、
霜月騒動と呼ばれる事件がこります。

11月に発生した事件なので、霜月騒動です。
霜月は旧暦の11月の呼び名です。

鎌倉幕府には、
北条宗だけではなく、
2人の実力者がいました。

内管領の平頼綱と、
外様の安達泰です。

安達泰盛も外様ですが、
北条氏の外戚になっていて、
母方のおじいちゃんでもありました。

また、安達泰盛は秋田城介で、
外様の最有力者でした。

平頼綱は内管領なので、
御内人の中では有力者です。

この霜月騒動の結果、
安達泰盛は滅ぼされ、
平頼綱の専政治が6年間続きました。

北条氏は元々、平氏の一族。
源氏方には不満が溜まっていきました。

安達泰盛の、安達宗景には、
自らを源氏だと称するように言いました。

この事件をきっかけに、
外様よりさらに、得宗家に重がズレていって、
得宗家に権力が強化されていった。

スポンサーリンク

霜月騒動の結果

この霜月騒動は、
御家人の求心力をなくすきっかけになり、
源氏の再を目指す
足利氏や新田氏の勃興のきっかけになりました。


スポンサーリンク

平禅門の乱

1293年、北条時宗の死や鎌倉大地震をきっかけに、
平頼綱はクーデターを起こしたが、
北条貞時によって滅ぼされた事件を平禅門へいぜんもんの乱といいます。。

この事件で6年間続いた平頼綱政治は終わった。

Related Posts

No tags for this post.

コメント

タイトルとURLをコピーしました