毛利元就、家督をつぐ~大内・尼子の間をめぐり~

スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

毛利氏、尼子経久につく

毛利氏を始めとする安芸国の国人衆は、
1523年6月に大内氏の安芸国の拠点・鏡山城を落とした
尼子経久に従っていました。

幸松丸の死

1523年7月15日に9歳で幸松丸は夭逝しました。

毛利元就の家督継承

1523年8月10日、
毛利弘元の庶子・毛利元就が主家の家臣15人の推戴を受け、
猿掛城から吉田郡山城に入り、毛利氏の家督を継ぎました。
尼子氏から毛利氏の当主として招くという声もありましたが、
志道広良や井上元兼らの尽力で、


で、武功のあった毛利元就を主君として仰ぎ見ることとなりました。

元綱事件~尼子氏の陰謀~

1524年、家臣の渡辺勝・坂広秀らが
尼子氏と結び、毛利元就の異母弟・相合元綱を擁立する陰謀が発覚します。
これを元綱事件といいます。
毛利元就は彼らを先に討ったあと、
1525年に大内氏方に再度寝返りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました