明治時代における交通・運輸の近代化

スポンサーリンク
明治時代
この記事は約2分で読めます。

近代化の一環として、
鉄道がはじめて日本に導入されました。

イギリスに遅れること約47年のことでありました。

スポンサーリンク

鉄道(陸蒸気)

鉄道は当時は「金を失う道」とよんで揶揄する人もいました。
実際、年間21万円も鉄道事業で当時は儲かったそうです。
当時の男性の年収が3円70銭の時代でしたので破格の儲けです。
実際、誰かが金を失っていた道なのでしょうね。

新橋・横浜間開通

1872年9月12日には、新橋・横浜間イギリスの援助で鉄道が開通しました。
今まで徒歩で丸一日かかっていた新橋・横浜間を約53分で結びました。

これが官製鉄道の最初のルートです。
当時は鉄道に対して反対運動が多く、1/3が海上レールになりました。
走ったのは陸蒸気おかじょうきと呼ばれる蒸気機関車です。

大隈重信の「一生の不覚」
大隈重信は、イギリス人技師・モレルの説得により、標準軌ではなく狭軌を選択しました。世界的には標準軌が採用されていました。大隈重信は軌間を理解しておらず、狭軌を選択したことを「一生の不覚」と述べました。

大阪・神戸間開通

続く1874年、大阪・神戸間で鉄道が開通されました。
新橋・横浜間もそうでしたが、大都市と貿易港が優先的に結ばれたようですね。

鉄道事業のその後

1889年には東海道線が開通、
1901年には山陽本線が開通します。

私鉄事業者も続々と参入しており、
鉄道事業は繁栄していきました。

海運

港まで荷物を運んだ後は
海外に売り出すために、海運会社も必要でした。

三菱汽船会社

岩崎弥太郎いわさきやたろうは土佐藩士がつくった海運会社・九十九つくも商会を継承し、
さらに土佐藩の借金を肩代わりする代わりに、藩有の汽船を手に入れました。
三川商会と名を変えた後、さらに、三菱商会、三菱汽船みつびしきせん会社と変わって発展していきます。

征台の役(台湾出兵)や西南戦争で、軍事物資を輸送して利益を上げました。

共同運輸会社

三菱に対抗して三井を中心に運営されたのが、
品川弥二郎しながわやじろうを中心に創設された共同運輸きょうどううんゆ会社です。

日本郵船会社

1885年、三菱汽船会社と共同運輸会社は合併します。
そこでできた会社が日本郵船にほんゆうせん会社です。

日清戦争の前後になると、
ボンベイ航路・欧米・オーストラリア航路まで開いて、
近代最大の海運会社として発展します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました