明治時代初期

政党結成に向けて~自由党・立憲改進党・立憲帝政党の設立~

スポンサーリンク
明治時代初期
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

自由民権運動からの流れ

自由民権運動は、国会開設の約束を取り付けました。
1890年の国会開設に向けて、政党設立の準備にとりかかります。

明治十四年の政変(開拓使官有物払下げ事件・大隈重信の下野・国会開設の勅諭)
...

政党の設置

自由党

板垣退助を中心として立志社は自由党を作りました。

国会期成同盟の結成
...
立志社は片岡健吉によって作られましたが、
自由党は板垣退助です。片岡健吉も自由党員です。
自由党はフランス流・急進主義を採用しています。
また、普通選挙を実施すべしと主張しました。
主権在民や一院制を主張しました。
ちなみに機関誌は自由新聞です。
自由新聞は政府の弾圧を受けて1885年に廃刊となります。
1890年に復活しましたが、日の目を見ることはありませんでした。
さらに自由党のスポンサーは三井財閥です。

立憲改進党

1882年には大隈重信が中心となって、立憲改進党が作られました。

立憲改進党は制限選挙を主張しました。
お金もちの男性エリートだけが選挙に参加したらいいという考えです。

主権在君民と二院制を主張しました。

立憲改進党をスポンサードしたのは、
三菱財閥です。

三菱財閥が支援しているため、機関誌も「郵便報知新聞」となりました。
郵便報知新聞はスポーツ報知として生き残っています。

立憲帝政党

自由党と立憲改進党は民党という、
自由民権運動を代表とする政党になりました。

一方、立憲帝政党は1882年、自由民権運動に対抗するために作られた政党です。
国が主導的に作ったので官吏の政党・吏党と呼ばれます。

保守的御用主義の政党だった立憲帝政党は、
多くの国民の声を聞きたくない訳です。

機関誌は「東京日日新聞」です。
現在の毎日新聞ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました