「惣領と庶子」~御家人も家に帰れば惣領に~

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

惣領とは?

「一族の所領を惣領そうりょうする」から転じて、
一族の本家(宗家)の長を指すようになります。

庶子の統括役であり、
御家人役を務めました。

御家人=惣領

御家人は公の場で働いているときは、
御家人と呼ばれますが、
家に帰ってくると一家の主です。

家の中では、
惣領という立場にあります。

21世紀初期の価値観で言えば、
将軍が大企業の社長だとすると、
御家人は社員ですよね?

既婚男性の社員の場合、
家に帰れば、夫であることはもちろんのこと、
父であり、世帯主であることが多いかと思われます。

このように同一人物でも別の言い方をする場合があります。

明治時代も家長などの家制度がありましたよね?

庶子

惣領以外の子弟を、庶子しょしといいます。
惣領と庶子は血縁的に結ばれています。

子どもはやがて大人になります。
そして結婚して独立します。

男の子の場合は分家した家の惣領になります。
女の子の場合も嫁入りして所帯をもちます。

「大惣領」と「一門」

大惣領は本家の惣領です。
大惣領は分家の惣領を率いて、戦時は戦います。

この血縁集団全体を一門あるいは一家といいます。

一門・一家の特徴

  • 苗字が同じ
  • 先祖の供養も共同
  • 氏神の祭りも共同

※惣領は供養する権利と義務を背負います。

惣領制

鎌倉時代の武士の結合のあり方を惣領制そうりょうせいといいます。

惣領制の耕作・請作

武士は平時、農村に武家造の館を構えて住んでいました。

屋敷のすぐそばにはつくだと呼ばれる
直営地です。

佃の耕作には下人げにん所従しょじゅうたちにさせていました。

直営地以外の土地を請作させる場合は、
作人さくにんにさせていました。

惣領相続

惣領が亡くなった場合はどうなるのでしょうか?

基本的には嫡子ちゃくしと呼ばれる相続人が家督を継ぎました。
嫡子は必ずしも長男がなる訳ではありません。
基本的には器量よしの人がなれると言われています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました