スポンサーリンク
建武時代

後醍醐天皇と建武の新政

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

建武時代

当ブログでは、建武の新政の時代を建武時代として、
南北朝時代から独立して表記します。

南北朝時代の始まりは、
後醍醐皇が吉野に移った時点からにすると、
鎌倉時代と南北朝時代の間に空白期間が生じてしまいます。

ですから、鎌倉時代滅亡(1333年)から後醍醐天皇が吉野に移る(1336年)までの微妙な空白期間を、
建武時代として表記します。

たった4年間の出来事ですが、
空白期間を埋める必要があると思うのです。

ですから、
時代とは言えないかもしれませんが、
鎌倉時代滅亡から南北朝時代の成立の間を、
建武時代とします。

スポンサーリンク

後醍醐天皇の政治

鎌倉幕府が滅んだ後、
後醍醐天皇によって、
建武の新政が始まりました。

天皇の血筋の系統

天皇の系統には色々ありますが、
後醍醐天皇の頃は、
桓武天皇から脈々と受け継がれた血筋が存在しています。

すべては桓武天皇には繋がる訳ですが、

  • 大覚寺統だいかくじとう
  • 持明院統じみょういんとう

の2種類が天皇の血筋にはこの頃大きく分けて?存在していました。

ちなみに後醍醐天皇は大覚寺統の血筋の天皇ですが、
後醍醐天皇が即位するの花園天皇は持明院統の天皇です。

これを両統迭立りょうとうてつりつといいます。

両統迭立は北条高時の頃に扱うので、
ここでは省略します。

後醍醐天皇と延喜・天暦の治

後醍醐天皇は、
延喜・天暦の治を理想としました。

延喜・天暦の治~醍醐天皇・村上天皇の治世~

https://歴史総合.com/%e5%bb%b6%e5%96%9c%e3%83%bb%e5%a4%a9%e6%9a%a6%e3%81%ae%e6%b2%bb/

  • 延喜の治…醍醐天皇
  • 天暦の治…村上天皇

だから、
延喜・天暦の治である
天皇親政時代を理想とした訳です。

ですから、
自分は醍醐天皇の後継として、後醍醐天皇と名乗りました。
息子の義良親王は後村上天皇と名乗りました。

建武新政と中央政治

後醍醐天皇は、平安京リターンを行いました。
武士中心から貴族を中心とする政治に戻しました。

記録所

建武政府では、般政務を担当したのは、
記録所でした。

これは後三条天皇の
記録荘園券契所
を略して
記録所きろくじょという名前にしました。

雑訴決断所

雑訴決断所ざっそけつだんじょは、
鎌倉幕府の引付に相当する役所です。

荘園や所領関係の訴訟を司る機関。
いわば紛争解決センターです。

恩賞方

恩賞方おんしょうがたは、
鎌倉幕府を倒す力があったに、
ご褒美をだす機関のことです。

武者所

武者所むしゃどころは、治安維持のための機関です。
その長武者所頭人むしゃどころとうにんといいます。

武者所頭人には新田義貞が就任します。

後醍醐天皇の方政治=守護と国司を併設

後醍醐天皇は守護と国司を併設しました。

つまり、

  • 守護…武家政治
  • 国司…公家政治

の2種類を併設したということです。

建武政府は後醍醐天皇を中心とした勢力です。
後醍醐天皇は朝廷政治つまり、公家政治ですから、
武家政治は必要ないかもしれません。

しかし、時代の流れ的に、
武家政治である守護設置も必要不可欠でした。

いわゆる公武折衷です。

陸奥将軍府

東北の多賀城には、
後醍醐天皇の子ども、
義良親王のりよししんのうを派遣しました。

しかし、
の政治を行ったのは、
北畠顕家でした。

鎌倉将軍府

関東の鎌倉幕府の跡地には、
後醍醐天皇の子どもである
成良親王なりよししんのうを任命しました。

しかし、
実際の政治を行ったのは、
足利直義あしかがただよしでした。

その

征夷大将軍には、護良親王が就任しました。
21世紀初の首相である喜朗ではありませんよ。

九州には征西大将軍として、
懐良親王が就任しました。

Related Posts

No tags for this post.

コメント

タイトルとURLをコピーしました