明治時代初期

岩倉具視の外交-遣外使節団と留学生の派遣-

スポンサーリンク
明治時代初期
この記事は約3分で読めます。

明治時代の不平等条約の改正に向けて、
明治の志士たちは働きました。

日本と列強との不平等条約の改正に向けて

1871年、岩倉具視いわくらともみ特命全権大使として、
遣外使節団のリーダーとして日本を離れます。

中央のちょんまげが岩倉具視です。

特命全権大使米欧回覧実記
はその遣外使節団の報告書として知られています。

では、見ていきましょう。

スポンサーリンク

岩倉具視遣外使節団

岩倉遣外使節団は、1871年から1872年までの間に行われました。

岩倉具視(朝廷出身)は右大臣として同行しました。

ちなみに外務卿は副島種臣そえじまたねおみです。

岩倉遣外使節団の目的

  • 不平等条約の事前改善交渉
  • 先進諸国の制度や文物の視察

この2つが主な目的でした。

ただ、ほとんどの技術はすでに江戸時代から導入されていたため、
やはり明治時代のはじめは、まずは量が必要だ
といった、殖産興業が進められていくことになります。

征韓論の否定は、こういった外国に視察にいった人たちから行われました。

遣外使節団の副使

岩倉具視遣外使節団の副使は、

  • 木戸孝允(長州閥)
  • 大久保利通(薩摩閥)
  • 伊藤博文(長州閥)
  • 山口尚芳(佐賀閥)

の4名が副使として派遣されました。

木戸と文芳でも、
伊藤のお焼きでも
なんでもいいので覚えてください。

なぜ1871年??

1871年に新貨条例が制定されました。
欧米列強諸国も通貨制度ができたことでGOサインを出したのですね。

一番長く滞在した国は?

これもよく聞かれることですね。
一番長いのはどこ?みたいなのは
古典の紀貫之の土佐日記でも聞かれますね。

イギリスが122日間でもっとも長かったのです。

イギリスは、薩英戦争以来、明治時代ではもっとも友好的な列強でした。

薩英戦争と参預会議~生麦事件の報復と島津久光の野望~

岩倉遣外使節団と留学生

遣外使節団には約60名の留学生が留学しに行きました。
約60名というのは60という数字には大きな意味があるからですね。

基本的に、男性留学生にスポットライトが当てられることはありません。

女子留学生

女子留学生は全部で5名。

  • 津田梅子つだうめこ
  • 山川捨松やまかわすてまつ
  • 永井繁子ながいしげこ
  • 上田悌子うえだていこ
  • 吉益亮子よしますりょうこ

特に津田梅子に関しては、2024年新紙幣になるということで、
テストにも頻出の人物になるでしょう。

スペシャルドラマ『津田梅子~お札になった留学生~』|テレビ朝日
2022年3月5日(土)よる9時放送!テレビ朝日 スペシャルドラマ『津田梅子~お札になった留学生~』番組サイト。広瀬すず【新5千円札の顔】になる!!《女子教育のパイオニア》津田梅子の青春を描く大型スペシャルドラマが誕生!!LOOK UP!《ガールズパワー》が日本を変える!?

この前もテレビドラマとして、
2時間で放送されました。

後編もきっとあるのではないか?
みたいな終わり方でした。

米欧回覧実記

久米邦武はこの岩倉遣外使節団の
書記として同行しました。

先程も言いました
「米欧回覧実記」にまとめていった訳ですね。

彼は「神道は祭天の古俗」という論文を発表しました。

岩倉遣外使節団の結果と痛感

1年かけて世界中を回った結果、
内政の重要性を痛感した、岩倉具視や大久保利通、伊藤博文などは、
1873年帰国後、西郷隆盛などの征韓論者と戦うようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました