明治時代初期

寺島宗則の外交(1878年)-吉田・エバーツ条約-

スポンサーリンク
明治時代初期
この記事は約1分で読めます。

さて、
岩倉具視によって、
岩倉外交が行われましたが、
あとを引き継いだのが、
寺島宗則てらしまむねのりでした。

関税自主権の回復を目的として、
欧米列強との交渉を進めました。

スポンサーリンク

吉田・エバーツ条約

1878年、アメリカ・イギリス・ドイツと、
吉田・エバーツ条約を取り決めます。

吉田・エバーツ条約は、
日本の関税自主権を認めるもので、
アメリカは賛成しました。
しかし、イギリスとドイツが反対したため、
あとがきがついたため、
失敗に終わります。

イギリスとドイツは、
日本が他の国々とも同じ内容の条約を締結した場合、
この吉田・エバーツ条約の効果は発動する
という条文を付け足したのです。

そのため、
この吉田・エバーツ条約は、
日本の外交的な傷に塩という形になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました