スポンサーリンク
明治時代初期

地主と小作農の誕生と士族の命運

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

時代以降、お持ちの農家と貧乏な農家を分けたのはなんでしょうか?
また、貧乏な武士とお金持ちの武士を分けたのは何でしょうか?

それは、
政府が行った

によってまっていきました。

スポンサーリンク

地租改正

農民に対しては地租改正が行われました。

地租改正は
「旧来ノ歳入ヲ減ゼザル」方針で行われました。
結果としては農民の負担はあまり変わりませんでした。

https://歴史総合.com/%e5%9c%b0%e7%a7%9f%e6%94%b9%e6%ad%a3%e3%81%ae%e7%9b%ae%e7%9a%84%e3%81%a8%e3%81%9d%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1%e3%81%a8%e3%81%9d%e3%81%ae%e5%be%8c%e3%81%ae%e5%bd%b1%e9%9f%bf/

小作料は依然として米として納める現物納税でした。
中には重税に耐えられなくて農地を手放す農民も出てきました。

そういう農家は農地を手放して、
町に出て賃金労働者として生きていくことになります。

手放された農地は、
地主のもとに集まってきます。

そうすると、
地租改正は一方では賃金労働者の誕生。
つまり労働口の確保。

もう一方では、
地主のような資本家を生み出しました。

スポンサーリンク

秩禄処分

政府が払ってきた
華族と士族に対した
禄米をやめてしまおうという政策です。

禄米の支払額が政府の収入の1/3を占めているので、
政府も悩みのタネでした。

家禄奉還の法

政府は1873年、
家禄奉還の法を制定します。

希望者には秩禄公債という現金と交換できるただの紙と、
一時的な現金を支給しました。

1876年、金禄公債証書を発行

家禄と賞典禄を全廃しました。
これを秩禄処分といいました。

まとめ

もらった方は、公債を現金化して事業をこしていきます。

「士族の商法」という慣れないことで失敗するものがたくさん出てくる。
三菱のように銀行家として成功するようなものもいた。

換金した金で土地を買って地主になるものもいました。

スポンサーリンク

まとめ

こうして失敗者は労働者に、
成功者は資本家になっていきました。

これを資本の本源的蓄積や原始的蓄積といいます。

Related Posts

No tags for this post.

コメント

タイトルとURLをコピーしました