スポンサーリンク
ヨーロッパ世界の形成と発展

ノルマン人の移動

ヨーロッパ世界の形成と発展
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

北海の海賊・ヴァイキングとして知られるノルマンを今回書いておきます。

スポンサーリンク

ノルマン人とは何者?

ノルマン人はゲルマン人の一派で、スカンディナヴィア半島やユトランド半島に居住していた。ノルマン人はヴァイキングと呼ばれ、9~11世紀にかけてヨーロッパに侵入した。彼らは行く先々で大いに荒らしまわった。彼らのことが、西欧にとっては2世紀の間脅だったのである。この侵略者たちは、アイルランドやイギリス、フランス、オランダ、ドイツに進出し、さらには地中海やビザンツ帝国まで脅かした。
彼らは無政府状態とはいえ、西ヨーロッパに一時的に覇を唱えた。ヴァイキングの船はきわめて高速かつ堅固で、海でも川でも自由航行ができた。ヴァイキングは優れた航海技術を持っていたのである。
その船で商業活動にも従事した。ノルマン人は都市や港を建設し、北ヨーロッパに繁栄をもたらし、このエリアの政治的重要性を高めた。
現在の研究ではコロンブスの新大陸発見より600年前にその地へ到達していたことが確定的となっている。しかし、あまりにも長い距離とさまざまな生活手段の不足のために、ノルマン人はアリカに最終的に定住することができなかった。

スポンサーリンク

ノルマン人の部族

ノルマンは北のゲルマン人の意味である。

の3部族。それぞれ、ノルウェー人、デンマーク人、スウェーデン人の祖である。

スポンサーリンク

ルーン文字

ノルマン人が石碑に刻んだ独特の文字はルーン文字と呼ばれる。ルーンは秘を意味する。占い好きの人が現在でも用いている。

スポンサーリンク

ノルマンディー公国

ノルマン人はフランス領内に定住するようになった。911年にカロリング朝のシャルル3世(単純王)と植民者の首領ロロは協定を結び、ロロはノルマンディー公に列せられた。

ノルマンディー公国はセーヌ川の下流域一帯を支配するものであった。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました