ヨーロッパの再編

クリミア戦争の原因-聖地イェルサレムを巡るロシアとフランス&トルコの戦い-

スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。

今更ですが、
21世紀のクリミア戦争が勃発していますね。

という訳で、
クリミア戦争についても
見ていかないといけません。

クリミア戦争の原因である、
聖地イェルサレム管理問題についても
見ていきましょう。

スポンサーリンク

聖地イェルサレム管理問題

キリスト教やイスラム教、ユダヤ教の聖地イェルサレムは、
16世紀以降フランスが管理していました。

フランスが管理していましたが、
フランス革命が勃発しました。

フランス革命のまとめ

でも、フランス革命は書きましたね。

で、フランス革命が勃発した中、
イェルサレムは独立。

保護をギリシア正教会にもとめてしまい、
ロシアの支持のもと、
ロシア保護下になりました。

ナポレオン3世とオスマン・トルコ帝国

ナポレオン3世が即位すると、
オスマン・トルコ帝国との、
カピチュレーションの関係上、
オスマン・トルコ帝国へ、
ロシアへ圧力をかけるよう仕向けます。

クリミア戦争の開幕

こうして、
フランスのバックアップを得た
オスマン・トルコ帝国が、
ロシアへクリミア半島の奪還のため、
露土戦争としてのクリミア戦争が開幕します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました