スポンサーリンク
江戸時代後期

田沼意次④北方探検と対露貿易

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

田沼意老中だった
工藤平助が「赤蝦風説考あかえぞふうせつこう」というを書きました。

蝦夷開発と対露貿易の必要性を説明した本です。

工藤平助は伊達仙台の仙台藩藩医で、
赤蝦夷というのはロのことを指しています。

赤蝦夷風説考は、
田沼意次に献されて、
探検隊を派遣することになりました。

その派遣隊の中に、
最上徳らも加わっていました。

最上徳内は最上徳内記念設されています。

Related Posts

No tags for this post.

コメント

タイトルとURLをコピーしました