桶狭間の戦い-今川家の真の狙いは?信長は何故勝った?-

今川義元の尾張侵攻

大義は上洛はウソ?

昔は、今川家は上洛のためと考えられていたが。
尾張への侵攻は、

  • 三河支配の安定のため
  • 鳴海城の救援
  • 尾張を獲得するため

という説が最近いわれる真相である。

今川家の尾張侵攻

今川義元、駿府城を出立

1560年5月12日、今川義元の本隊は駿府城を出発しました。

1560年5月18日、今川義元は尾張国の沓掛城を本陣に構えます。

織田家との戦いで、今川家は丸根砦・鷲津砦を陥落させた。

桶狭間の戦い

織田信長、「敦盛」を舞って出陣

今川家の侵攻を聞いた織田信長は、
軍議らしい軍議も開かず、
謡曲「敦盛」を突然舞だし、
終わったかと思えば、急ぎ準備し、
立ったまま食事をとって出陣しました。

砦での準備

織田信長は5人の小姓のみを率いて出陣し、
善照寺砦に入り態勢を整え、
中島砦に入る。

桶狭間山から見ても最も低い位置にあったのが、
中島砦です。

大雨風

午後2時頃、大風雨がにわかに降り出した。

風は織田から今川へと向かって吹き、
今川の前進を阻みました。

今川義元、討死

晴れてきたのち、一気に2千の軍勢は、
今川方2万5千の軍勢に襲いかかった。

今川方は大混乱に陥り、
今川義元をはじめとする武将が討ち取られた。

今川家の軍勢は駿河へと配送することとなります。

おすすめの記事