スポンサーリンク

五大改革指令『教育の自由化』

スポンサーリンク
占領下時代
「いらすとや」より
スポンサーリンク

 
 
「いらすとや」より

このように男女横並びに座ることが
できるようになったのも戦後教育からです。
今回は
五大改革のうちの1つ
「教育の自由化」についてお伝えします。
 
https://歴史総合.com/blog/2015/10/01/962
 
 

教職追放

1946年5月、日本政府に命じて教職追放を実施します。
軍国主義・超国家主義・国粋主義者・職業軍人の
先生は学校をやめさせられました。
 

修身・日本歴史・地理の停止

軍国主義的内容の割合が多かったために停止されました。
修身徳育のようなもので、
日本歴史皇国史観に基づいた歴史教育でした。
 

黒塗り教科書

戦争ワードを黒く塗りつぶし、別のものに置き換えられました。

@名古屋市博物館

@名古屋市博物館


戦艦を貨物船に置き換えたりしたのが例に挙げられます。
 

青空教室

http://blog.livedoor.jp/noz0404/archives/2014-06-07.html

©高橋 岩六


空襲のために校舎が消失したため、
野外で授業が行われたところもありました。
それを青空教室といいます。
 

教育基本法・学校教育法

1947年制定。高橋誠一郎が文部大臣でした。

@文部科学省

@文部科学省


平和主義・個人の尊重・男女共学など、
戦後の教育理念を示した教育基本法が制定されます。
 
また、学校教育法により6・3・3・4制の新学制が生まれました。
 

社会科の誕生

修身や日本歴史、地理などにかわって社会科が生まれました。
「くにのあゆみ」「あたらしい憲法のはなし」という
教科書が刊行されました。
 

教育勅語の廃止

1948年教育勅語が廃止されます。
 

教育委員会法

1948年制定。教育の地方分権をはかるために
教育委員会が都道府県・市区町村ごとに設置されました。
初めは選挙で委員を選ぶ公選制でしたが、
1956年首長が選ぶ任命制となります。
 

社会教育法

1949年制定。
青少年教育や成人教育を行う
基礎となりました。
 

占領下時代
スポンサーリンク
スポンサーリンク
bellyanをフォローする
スポンサーリンク
歴史総合.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました