スポンサーリンク
鎌倉時代

北条得宗家の独裁と得宗専制政治体制

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

北条時頼は1247年に、
三浦氏を滅ぼしました。

https://歴史総合.com/%e5%8c%97%e6%9d%a1%e6%99%82%e9%a0%bc%e3%81%ae%e6%99%82%e4%bb%a3/

その後、
北条氏of北条氏である
北条氏の惣領かつ本本元である、
北条得宗家ほうじょうとくそうけを中独裁になっていきます。

北条得宗家とは、
北条義時が徳宗という号だったことから、
徳の字の省略として得が用いられました。

北条得宗家が、
中心になって栄えていきます。

また、

  • なごえ
  • 極楽寺ごくらくし
  • かねざわ
  • 大仏おさらぎ
  • 阿蘇大あそだいぐうじ
  • 北畠きたばたけ

なども北条得宗家の氏族として知られます。

また、

江馬氏なども、
静岡県によく見られる名字ですが、
北条義時の子孫だと言われています。

スポンサーリンク

北条時宗と北条得宗家

北条時宗が執権となると、
得宗権はますます強化されて、
執権政治だった

  • 執権
  • 連署
  • 評定

による合議制は廃止され、

北条門が連署・評定衆にも就します。
このようにして、得宗家に権力は集中していきました。

元寇に際しても、
公家領へも公事徴収権くじちょうしゅうけんが認められ、
非御家人に対する統制権を強めていきました。

また、
様々な実で任を解かれ、
西を大々的に交代して、
名越氏・極楽寺氏・金沢氏・大仏氏らに
変えていった。

北条時宗の時には、
北条氏一門である
みうち御内人みうちびとと呼ばれた
得宗被官によって行われる
寄合よりあいで政務が決められていった。

評定衆は名目的なものになっていった。

Related Posts

No tags for this post.

コメント

タイトルとURLをコピーしました