スポンサーリンク
幕末

八月十八日の政変

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

八日の政変

尊王攘夷論者の久留米藩出身の真木和泉(まきいずみ/1813~1864)らは、
孝明が大和に行幸して、
天皇自らを追い出す攘戦争の指揮をとるよう計画をたてていました。


それに対して、
武合体論者である薩摩藩と会津藩の両藩は、
廷内公家の公武合体論者と提携し、
密かに反撃を試みていました。

1863年8月18日、
薩摩藩・会津藩両藩の幕側の藩が御所を防御していたとき、
長州藩の勢力と都の急進派の
三条実美(さんじょうさねとみ)や沢宣嘉(さわのぶよし)ら
7名の公家を京から追放しました。

薩摩藩・会津藩が朝廷内の防御側として主導権を取り返した事件を
八月十八日の政変と言います。


また、7人の公家が追い出された事柄を、
七卿落ちと言います。

都落ちですからね。

天誅組の変

1863年、公家の中山忠光、土佐藩士の吉村虎太郎らが
大和五条の幕府代官所を襲った事件。

生野の変

福岡藩を脱藩した平野国臣、公家の沢宣嘉らが
但馬生野を襲った事件。

天狗党の

水戸筑波山で
藤田小四郎ら水戸藩尊皇攘夷論者が挙兵した事件。

Related Posts

No tags for this post.

コメント

タイトルとURLをコピーしました