ゾロアスター教

スポンサーリンク
古代オリエント世界
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

ゾロアスター教の成立

創始者ゾロアスターの活動やゾロアスター教の成立に関しては不明なところが多いです。

紀元前1000年代前半、
イラン東部・アフガニスタンを含む
中央アジア西部で成立。

その後、アケメネス朝時代に、
イラン高原にも浸透するようになっていきました。

ゾロアスター教の善悪二元論

ゾロアスター教では、
世界は光明を司る善神・アフラ・マズダと、
闇の世界を支配する悪神・アンラ・マンユとの間の
闘争の場として説かれる。

火はアフラ・マズダの象徴として、重視されました。

ゾロアスター教の経典「アヴェスター」

口承伝承をもとに、ササン朝期に編纂されました。

  1. ヤスナ
  2. ウィスプ・ラト
  3. ウィーデーウ・ダート
  4. ヤシュト
  5. クワルタク・アパスターク
  6. その他

のみが現存します。

イスラーム時代に、
アヴェスターの4分の3が消失したと言われています。

「最後の審判」や「天国と地獄」「終末論」などは、
後期ユダヤ教・キリスト教に影響を与えました。

かつ、死者にとっての結界の場となる
「チンワト橋」の設定は、
仏教の「転生」は、思想形成過程を考えるうえでも、
重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました