アテネ民主政②-調停者・ソロンの改革-

ソロンとは誰?

前6世紀初頭のアテネ民主政時代の政治家、立法者。

前回、紹介したドラコンから20年~30年後の話です。

貴族と平民の間に入って政治を行ったことから、
調停者とも呼ばれます。

貴族と平民の両者から
不満が寄せられて政治から引退しますが、

あとの歴史でソロンは
ギリシア七賢人の1人として再評価されます。

ソロンの改革

ソロンは市民の没落を防ぎ、重装歩兵を減らさないために
借金の帳消し債務奴隷の禁止を行いました。

市民が借金を返せなくなると、
市民自身を売り物として、
奴隷になる事例が相次いでいたためです。

財産政治の実施

ソロンは貴族から政治を平民に少しずつ移すために、
血統政治から財産政治へと移します。

市民を財産に応じて4等級にわけ、
お金を持っている人ほど政治に参加しやすくしました。

 

おすすめの記事