スポンサーリンク
未分類

田沼意次と世相-火事と噴火と飢饉-

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

田沼時代の
賄賂政治流行っていましたが、
当時、自然環境も荒れていました。

田沼意次時代の災害について見ていきましょう。

スポンサーリンク

目黒行人坂の大火(1772年)

明和の大火とも呼ばれる江戸三大大火の1つ。
1772年4月1に発生しました。

坊主が放火してこりました。
その坊主は火刑になりました。

スポンサーリンク

浅間山噴火(1783年)

明の噴火とも呼ばれる江戸時代に起きた浅間山噴火。
この噴火により、地球では火山灰を北半球を包み込んだため、
2年間は北球では凶作になりました。

これがフランス革命(1789年)に結びつく、
間接的な要因になりました。
ンス革命でも麦の凶作のため、
革命の動機の1つになりました。

スポンサーリンク

天明の大飢饉(1782年-1788年)

1770年代から北地方では冷害や悪天候続きで農作物の生産が不順でした。

1782年から3年間にかけて冬は異様に暖かい暖冬が続いた。
道路も田畑も乾き、冬とは思えない暖かさが続いた。

このような中で、
岩木山と浅間山の噴火。

さらに夏は冷害になった。

も3年暖冬、3年ややい冬が繰り返し来てます。
まぁ、今年は暖冬になるか正直微妙ですが。

東北地方の人々は死んだ人間の肉と犬肉と騙して売るほどでした。

92万人あまりの人が餓死しました。

Related Posts

No tags for this post.

コメント

タイトルとURLをコピーしました