スポンサーリンク
未分類

田沼意次③干拓事業(印旛沼・手賀沼の干拓)

未分類
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

歴史は繰り返さないが、
韻を踏む

はまもなく大規模な災害がくると予想しています。
それは浅間山噴天明大飢饉のような。

田沼意次の頃のような
賄賂は掃除されつつありますが、
まだ、忘れてはいけないことがあります。

という訳で、
江戸時代期を田沼意次から区切って、
田沼意次時代・寛政の改革・大御所時代にかけて、
江戸時代後期として書いていきます。

は田沼意次の
沼の埋立について述べます。

スポンサーリンク

印旛沼と手賀沼の開拓事業(失敗)

田沼意次は印旛沼と手賀沼の干拓を行いました。

開拓と干拓のちがいはわかりますか?
干拓は水を抜く業です、

印旛沼は霞ヶ浦湖ではありません。

今現在の葉県にあった大きな沼です。
西の方が手賀沼、真ん中あたりが印旛沼です。

喧嘩と火事は江戸の華といますが、
実は江戸近辺は洪水も多かった。

江戸時代から明治時代にかけて、
川は埋立てられていった。

その一として、
千葉県でも埋立事業が国家プロジェクトとして進められました。

この事業は田沼意次の失脚と、
大洪水のためやり直しになった部分もあり、
結果、失敗します。

Related Posts

No tags for this post.

コメント

タイトルとURLをコピーしました