スポンサーリンク
未分類

加藤高明内閣-日ソ基本条約・治安維持法・普通選挙法-

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

加藤高明内閣は1925年に3つの大きな仕事をしました。

  • 日ソ基本条約
  • 治安維持法
  • 普通選挙

です。

実際に見ていきましょう。

スポンサーリンク

日ソ基本条約

日ソ基本条約を結び、
日ソ間の交を樹立しました。

澤謙吉とカラハンの間で
中国・北京で結ばれました。

これによって、
ニコラエフク事件以降占領していた
北樺太から撤兵しました。

しかし、北樺太の石油・石炭開発利権は日本は獲得しました。
これが21世紀に至るまで続いています。

スポンサーリンク

治安維持法

  • 門事件
  • 普通選挙実施
  • 日ソ基本条約
  • 日本共産党再建

これらの事件が背景で、
治安を取り締まる必要が出てきました。

1900年に治安警察法が制定されていました。
治安警察法が社会・労働運動を抑えるための法律だったのに、
治安維持法は恐怖による統治で、
その人の考え方や思想までも統制の対象としました。

スポンサーリンク

普通選挙法

改正衆議院議員選挙法です。

選挙資格の中の直接国税額の条件が解除されました。
つまり0円になったということだけ。

選挙権は25歳以上の男にしか与えられておらず、
女性から見れば普通選挙とは言えませんでした。

スポンサーリンク

第二次加藤高明内閣

加藤高明内閣は護憲三派内閣でした。

政友会総裁に高橋是清に変わって田中義一が迎えられ、
政友会は革新倶楽部を吸収・合併しました。

護憲三派のバランスが崩れて、
第1次加藤高明内閣は退陣しました。

改めて、
第2次加藤高明憲政会単独内閣が誕生しました。

宇垣軍縮

加藤高明内閣の陸軍大臣・宇垣一成が、
4師団を廃止して軍隊を最新化するために、
規模な軍縮を行いました。

これを宇垣軍縮といいます

「憲政の常道」

加藤高明内閣以降は、
衆議院で多数を占めた政党が政権を担うシステムになりました。

これを憲政の常道といいます。

Related Posts

No tags for this post.

コメント

タイトルとURLをコピーしました