未分類

ナポレオンはクーデターで臨時統領政府樹立「蘇るカエサル」

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

ここからはナポレオンの
具体的な政治の話です。

だらだら書いていくので、
気をつけてください。

ロベスピエールという人物がいましたね、
だいたい善政が行われる前の国内事情は最悪なものです。

ロベスピエール

ロベスピエールは死ぬ前に
「カエサルが登場するだろう」と、
含みのある予言をしました。

そこで登場するのが、
ナポレオンですね。

スポンサーリンク

ナポレオンのクーデター(ブリュメールのクーデター)

ナポレオンは、

  • シェイエス・タレーラン(1754年~1838年)
  • フーシェ(1759年~1820年)

らの協力を得て、

テルミドールのクーデターと5年後、
1799年ブリュメール月の9日10日に、
ナポレオンはクーデターを実施。

霧月ともいいます。

ナポレオンはクーデターを実行し、
総裁政府を打倒に成功。

総裁政府を倒し、
臨時統領政府を樹立しました。

1800年憲法

ナポレオン・ボナパルトは任期10年の第一執政として君臨。

新しい憲法が作られ、国民投票にかけられました。
圧倒的大多数の支持を得て、
クーデターを承認しました。

  • 4院制の議会
  • 3人の統領

からなる政府が組織され、

ナポレオンは任期10年の第一統領となり、
独裁的権力を握りました。

ナポレオンの政策

ナポレオンは、

  • 国民学校(小学校・中学校・大学)
  • レジオン・ドヌール勲章
  • 「ナポレオン法典」(フランス民法典)の制定

などの功績がある。

ナポレオン法典

  • 私有財産の絶対性
  • 家族の尊重
  • 国家の世俗性
  • 法の前の平等

などの法典は

伝統と革命を調和。

近代化するヨーロッパの民法典のひとつ模範になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました