平安時代中期

スポンサーリンク
平安時代中期

平将門の乱~いつ?なぜ?どこで?誰に鎮圧された?を解決~

平将門と平将門の乱 乱の発生 朱雀天皇の時代(930年~946年)のころに、 平将門の乱が発生します(935年~940年)。 下総国猿島(しもうさーさしま/現在の茨城県)を 根拠地とする高望王の孫・平将門(たいらのまさかど)がいました。 ...
平安時代中期

奥州藤原氏の100年の栄華

源義家が去ったあとの奥羽地方では、陸奥の藤原清衡(ふじわらのきよひら)の支配が強大となった。奥羽と出羽の2国に勢力を伸ばした。 藤原清衡、藤原基衡(ふじわらのもとひら)、藤原秀衡(ふじわらのひでひら)という奥州藤原氏三代によって...
平安時代中期

源氏の台頭~平忠常の乱・前九年合戦・後三年合戦~

平氏は坂東八平氏と呼ばれるように、 平高望(たいらのたかもち)以降、 関東地方の各地に散らばって、 武士の棟梁としての勢力をもっていた。 源氏はというと、 源経基(みなもとのつねもと)の 子・源満仲(みなもとのみつなか)は、 ...
平安時代中期

悪吏

悪吏とは 受領(ずりょう)の中で、巨利をあげるために強欲な振る舞いを行った人。任地で郡司や有力農民から暴政を訴えられるケースがしばしばあった。 大宰大弐(だざいだいに)藤原惟憲(ふじわらのこれのり/963~1022) 「随身の珍...
平安時代中期

地方政治の混乱~初期荘園と国司制の変質~

荘園制度編 荘園とは 地方豪族や有力農民が、9世紀後半までに院宮王臣家と組んで、開墾した自らの田(墾田)のこと。荘園をどんどん増やしていった。 荘園の変遷 初期荘園(墾田地系荘園) 8世紀から9世紀にかけての荘園を初期荘園といい...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました