魏晋南北朝

スポンサーリンク
魏晋南北朝

道教の成立

秦・漢時代から始まり、魏・晋時代に最も盛んになった、仙人と長生不死の観念が結合した神仙思想は道教の起源をなす思想で、太平道、五斗米道にも影響を与えた。 魏晋南北朝時代に流行した、無為自然を理想の生き方とする老子、莊子が説いた老荘...
魏晋南北朝

中国での仏教の受容

4世紀初めに西域の亀茲国から仏図澄(ぶっとちょう・ブトチンガ)が洛陽に来て、布教を行い仏寺約900所を建立し、門下生は1万人に及んだ。 5世紀初めに父がインド人で亀茲国出身の僧・鳩摩羅什(くまらじゅう・クマーラジーヴァ)が長安に...
魏晋南北朝

魏晋南北朝の文化

三国時代の呉~東晋・南朝までの、建業・建康を都とした江南王朝の文化を貴族文化(六朝(りくちょう)文化)という。 貴族の間で、道徳や規範に縛られない趣味の世界が好まれた。文化人の間では、老荘思想の発展である清談が流行。清談家として...
魏晋南北朝

魏晋南北朝の社会~土地制度編~

魏の屯田制 漢時代の軍屯 漢代の国境周辺で行われていた 平時は農民として耕し、戦時は兵士として戦う、兵農一致の制度のことです。 これを軍屯といいます。 魏の民屯 魏の曹操は軍屯とは別に、 戦乱のため荒れた土地を国有化し、 人民を募集して、...
魏晋南北朝

魏晋南北朝の社会~官吏登用編~

官吏登用制度 漢代・・・郷挙里選 郷挙里選は地方の優秀な人物を官吏候補として、任命する制度であったが、 豪族がいろいろな影響力を駆使して、中央に推薦させて豪族が力をもってしまい、 本来とは異なるものになってしまった。 魏以降・・...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました