隋・唐時代の繁栄

スポンサーリンク
隋・唐時代の繁栄

唐の社会~西域商人の活躍と市場独占と貧富の拡大~

市 市は唐代に城郭内の一区画に設けられた商業交易のための地域。長安の東市・西市が有名。 市舶司 市舶司(しはくし)は玄宗時代に広州に初めて設置された海上貿易管理機関のことである。 その機関はその後、泉州、上海などの貿易港に置かれ...
隋・唐時代の繁栄

南詔(なんしょう)

雲南地方において、唐と吐蕃の間を縫って、7世紀末~8世紀前半に統一された、 チベット=ビルマ系の王国。唐文化を取り入れ、漢字を使い、仏教を奨励したが、 唐が衰退すると、よく唐の四川地方に侵入して、唐を苦しめた。 10世紀初めに内...
隋・唐時代の繁栄

吐蕃(とはん)

吐蕃は7世紀にチベットで、ソンツェン・ガンポが建国した国。都はラサで、ポタラ宮殿というチベット仏教と政治の中心となる施設が17世紀に建てられた。 吐蕃は強大な国で、唐に恐怖を与えた。恐怖の結果、ヴァルダナ朝へ王玄策(おうげんさく...
隋・唐時代の繁栄

渤海(ぼっかい)

698年、中国東北部において、高句麗の遺民大祚栄(だいそえい)がツーグース系靺鞨(まっかつ)族を統一し建国。 震(しん)国と名載っていたが、713年唐に朝貢して渤海郡王に封ぜられた結果、渤海と称した。 都は中国風の上京竜泉府(じ...
隋・唐時代の繁栄

唐の絵画

唐初の閻立本(えんりっぽん)は、歴代帝王図巻など人物画で有名。 玄宗期には細密華麗な色彩の山水画を描いた李思訓(りしくん)と、仏画の山水画で知られる呉道玄(ごどうげん)は線の太さで立体感を表現する新しい技法を作った。 詩人として...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました