明・清代の中国と近隣国

スポンサーリンク
明・清代の中国と近隣国

明朝時代の農業の発達~湖広熟すれば天下足る~

佃戸制の継続 長江下流域の豊かな穀倉地帯の経済力を背景に 洪武帝は全国統一を成し遂げました。 洪武帝は当初、 元末の混乱で荒廃した土地の私有を認めたり、 労働人口が不足している土地に農民を移住させたりして、 耕地の拡大と農業...
明・清代の中国と近隣国

北虜南倭による明朝の衰退

北虜南倭とは、北からはモンゴル、南からは後期倭寇に南北から圧迫された外患の総称。明朝が衰退する原因の1つとなりました。タタール・オイラト系の北方民族によって起こった土木の変などのモンゴル系部族や日本人や海禁政策に不満をもった中国人を中心に主に南海において、海賊行為が行われた倭寇をあわせたものです。
明・清代の中国と近隣国

永楽帝の治世と明の隆盛と南海諸国遠征

永楽帝の内政 宦官の復権 永楽帝は宦官を重く用いました。 内閣大学士 永楽帝は政治の最高機関として新たに内閣を設置しました。 その内閣に内閣大学士(ないかくだいがくし)という皇帝の顧問を 最重要の政務に参加させました。 洪武帝時...
明・清代の中国と近隣国

建文新政と靖難の変と永楽帝の即位~明朝時代の黒歴史~

建文帝 即位 1398年閏5月、洪武帝が70歳で亡くなります。 次に即位したのは、洪武帝の孫である 建文帝(けんぶんてい/恵帝/けいてい/在位1398年~1402年)です。 建文帝は22歳で新皇帝となりました。 政治 建文帝...
明・清代の中国と近隣国

~出世皇帝~明王朝・朱元璋(洪武帝)の「独裁政治体制」

前回、朱元璋が洪武帝として、 明を建国し、 漢民族をモンゴル民族をモンゴル高原に帰したところまで、 お伝えしました。 https://歴史総合.com/blog/2014/10/05/124 洪武帝の独裁政治体制 中書省と宰相の...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました