古代中国文明

スポンサーリンク
古代中国文明

漢代の文化

儒学儒教の国教化訓詁学の発達・・・馬融や鄭玄(じょうげん)が大成。焚書で失われた古書の復元や五経(詩経・書経・易経・礼記・春秋)や字句の注釈に力を注ぎ、教義の発展はしなかった。 歴史書史記(司馬遷)・・・前漢の武帝の時代に編んだ...
古代中国文明

後漢

光武帝の時代 後漢の建国 漢一族で武帝の弟のしそんである劉秀(りゅうしゅう)が赤眉の乱(せきびのらん)を平定し、 25年後漢(こうかん)を成立させた。漢帝国の復活である。 光武帝(こうぶてい)は200年の安定の基礎を築いた。 戦...
古代中国文明

前漢の滅亡と新

宦官と外戚による腐敗政治 武帝の死後、後宮に仕えた去勢された男子である宦官(かんがん)と、皇后や妃の親族である、外戚(がいせき)が権力を握り、皇帝の権力は弱体化し、宮廷内は混乱。 また、重税から逃げ出した人の所有していた土地を買い占めた...
古代中国文明

前漢第7代武帝の政治

武帝の内政政策 推恩の令 第7代武帝(在位紀元前141年~紀元前87年)は 諸侯に対して推恩の令すいおんのれいを発布して、 諸侯の勢力を弱めた。 推恩の令 推恩の令とは、 嫡子のみの相続から子弟すべてに領地を分け与えるよう命じたもの。 ...
古代中国文明

前漢初期の政治~劉邦から呉楚七国の乱~

都・長安 皇帝となった高祖・劉邦(りゅうほう)は都を長安に定めた。 渭水盆地の農業力 交配の四川盆地の豊かさ 水運の便 防衛に有利 などが長安を都に定めた理由です。 新都では、 未央宮(びおうきゅう/前漢の宮...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました