2018-10

スポンサーリンク
明・清代の中国と近隣国

明朝時代の農業の発達~湖広熟すれば天下足る~

佃戸制の継続 長江下流域の豊かな穀倉地帯の経済力を背景に 洪武帝は全国統一を成し遂げました。 洪武帝は当初、 元末の混乱で荒廃した土地の私有を認めたり、 労働人口が不足している土地に農民を移住させたりして、 耕地の拡大と農業...
古墳時代

日本最大の古墳・仁徳天皇陵発掘調査開始 宮内庁と堺市が共同で

日本最大の前方後円墳として知られる仁徳天皇陵。 墳丘の長さはおよそ500mあり、 三重の堀で、囲まれています。 今回の調査は 2つある堤の内側の第一堤で行われ、 南東部の3箇所で幅2mの溝を掘り、 埴輪が埋まっている位置を確認し...
明・清代の中国と近隣国

北虜南倭による明朝の衰退

北虜南倭とは、北からはモンゴル、南からは後期倭寇に南北から圧迫された外患の総称。明朝が衰退する原因の1つとなりました。タタール・オイラト系の北方民族によって起こった土木の変などのモンゴル系部族や日本人や海禁政策に不満をもった中国人を中心に主に南海において、海賊行為が行われた倭寇をあわせたものです。
戦国時代

織田信長(吉法師)の誕生-2歳で那古野城主に-

尾張での勢力 守護・斯波氏と守護代・織田氏 尾張では、 守護の斯波氏が守護代の織田氏に実権を奪われていました。 織田氏も2家に分かれ、 上4郡を支配する岩倉城の 織田伊勢守家(おだいせのかみけ)と 下4郡を支配する清須城の 織田...
第一次世界大戦とロシア革命

ドイツのシュリーフェンプラン(シュリーフェン作戦)とその破綻

シュリーフェンプランとは? 中欧に位置するドイツはロシアとフランスという東西の両強国に挟まれるという構図にありました。 そこで、ロシアとフランスの2正面作戦に備えて作られた計画です。 1906年まで参謀総長の地位にあったシュリー...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました