地震被害年表

和暦 西暦  
震源地
主な被害地 阿波の津波被害地
白鳳12年10月14日 684年11月29日 伊予・土佐・大和 不明
正平16年・康安元年6月24日 1361年8月3日 摂津・大和・紀伊・阿波・山城 海部郡
永正9年8月 1512年 宍喰 宍喰
慶長9年12月16日 1605年1月31日 房総半島沖 薩摩、土佐、紀伊、伊勢、伊豆、上総、遠江 海部郡
寛永4年10月4日 1707年10月28日 室戸岬沖 畿内、四国、東海道、中国、九州 海部郡
安政元年11月4日 1854年12月23日 東京湾付近 東海道、畿内、北越、阿波、山陽道 無し
安政元年11月5日 1854年12月24日 紀州沖 紀伊、四国、中国、九州、清国、江南 海部郡

解説

白鳳の地震

阿波に関するものは記録が残っていないが、土佐国では五十万頃の土地が陥没したと記されている。そのため、外側地震帯の活動であることが推測されるので、海部郡でも強大な地震・津波があったと思われる。

康安の地震

外側地震帯の活動に依るものであるが、中でも海部郡由岐における被害は最も甚だしかったものと見え、「太平記」に下記の如く特筆されている。

中にも阿波の雪湊と云ふ浦には俄(にわか)に大山の如くなる潮漲(みなぎ)り来て在家一千七百餘(余)字悉(ことごと)く引潮に連れて海底に沈しかば、家々に有所の僧俗男女牛馬鶏犬1つも残らず底のもくづと成にけり。

~太平記~

もっとも、これは通信機関の不備な昔でもあり、また、だいぶ、誇張して書いた文章でもあるから、鵜呑みにはできないが、兎にも角にも、世上の評判にもあがったものだろう。

永正の津波

永正9年8月の津波は「宍喰浦旧記」と称する記録に詳細に書かれているものではあるが、同月には他地方に大地震のあった記録が少しも残っていないから、大地震があったものとは思われない。
したがって、これは暴風雨による津波であるとおもわれる。旧暦8月はもっとも暴風雨のある時期である。
なお、「宍喰浦旧記」に記してある主文を下記に掲げるが、後世の作でも有り、労々全部正確なものとは信じがたい。人数などもあまりに多すぎるようだ。

永正9年8月洪浪入り宍喰浦中残らず流失、所之城山へ逃げ上るもの数十人なり、南橋より向の町分残らず、流失、しかれども此所山近き故多くの人死これ無く南町の男女凡(おほよそ)三千七百餘(余)人死亡、助命の者都合一千百(余)人、橋より北分町家は痛も之なく、死人多く之有り、橋より向の町一家も残らず流失、其上各屋敷土地悉く堀流し一面川沼と成、住居成かたく、助命の者皆々富浦へ相集り、所の城主藤原朝臣(あそん)孫六郎殿御取立これあり。

~宍喰浦旧記~

慶長の地震

慶長地震に関する海部郡の資料は鞆浦大岩の碑文と宍喰浦旧記の2つが主たるものである。鞆浦大岩の碑文は下記のようである。

敬白、右意趣は人王百拾代御宇、慶長九甲辰(きのえたつ)季、拾二月十六日末 亥の刻※1、月常より白く、風寒く行歩凍る時分、大海三度鳴る。人々大いに驚き、拱手※2する處、逆浪頻に起り、其高十丈、来る事七度、大監と名づく也、剰(あまりさ)へ男女千尋の底に沈むもの百餘(余)人、後代に言ひ傳(伝)ふる爲、之を興し奉る。各々平等必ずなり。
※1亥の刻…午後10時の前後1時間
※2拱手…敬礼の一。両手を組み合わせ、胸にあてて拝礼する。

~鞆浦大岩碑文~

安政地震

被害表

板野郡中財國藏氏所藏大地震實録記嘉永七年十一月五日被害

村名 惣家敷 無難 潮入り 大小破 潰家 流失 流死者
西由岐村 40 10 3 27
西由岐浦 205 3 3 199 16
阿部浦 160 97 63 4
伊座利
田井村 40 17 16 7
木岐浦 203 7 6 190
日和佐村 207 113 42 20 32
西牟岐浦 175 175 2
東牟岐浦 357 2 354 26
牟岐中村 129 8 71 14 36 1
川長村 40 1 3 36
灘村 66 37 29
内妻村 36 21 2 13
出羽島浦 68 3 25 31
浅川浦 260 寺三ヶ寺潮 入大破 260 1
鞆の浦 少々アリ
宍喰村 500 180 20 300 7
竹ヶ島 48 10 38

 

地震の碑文及び記録

つづく…。
 

おすすめの記事